健康食品と化粧品の通信販売。「アサヒの健康通販」オンラインショップです。

文字の大きさ

HOME > 彩彩せいかつ > 2014年5月


彩彩せいかつ online

MAY 2014 お茶を飲んでリラックス!種類や効能、入れ方などお茶について学びましょう

5月は新茶の季節です。5月上旬の八十八夜から茶摘がスタートし、日本茶の新茶シーズンが到来します。カラダによい成分が詰まったお茶。ひと言でお茶といっても、中国茶・日本茶・紅茶と種類も豊富です。香りでリフレッシュしたり、代謝増進、抗酸化作用、消臭など、さまざまな効果や効能など、楽しみ方をご紹介します。

中国茶、日本茶、紅茶など、世界中で飲まれているお茶は、私たちにとっても、身近な存在です。お茶の種類、効能、入れ方や楽しみ方などを、ご自身でもサロンを主宰し、中国茶や紅茶などさまざまなお茶に関する資格をお持ちの、磯部優子(いそべ ゆうこ)先生に、お話を伺いました。

主なお茶の種類

お茶のふるさとは、中国の雲南省周辺といわれおり、日本茶も紅茶も、ルーツをたどれば中国に行き着くといわれています。中国茶は1000種類以上、紅茶はインドやスリランカ、中国など各地で生産されヨーロッパを中心に世界各地で愛飲され、日本では日本茶が飲まれるなど、世界ではさまざまな種類のお茶が飲まれているのです。


お茶の種類は、大きく分けて6種類(緑茶・白茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶)+1種類(花茶)あり、作り方と発酵の度合いによって分類されます。


  • お茶/不発酵茶/緑茶 【主な種類と効能】 煎茶、玉露、龍井茶、碧螺春など 解毒作用、抗菌、消化不良を解消、利尿作用など
  • お茶/微発酵茶/白茶 【主な種類と効能】 白牡丹、寿眉、白毫銀針など 頭をスッキリとさせる、体内の熱を解消など/黄茶 【主な種類と効能】 君山銀針など ストレス解消、新陳代謝を高めるなど
  • お茶/半発酵茶/青茶 【主な種類と効能】 烏龍茶、鉄観音茶、台湾烏龍茶、岩茶、包種茶、単ソウなど 口の渇きを解消、抗菌、血中コレステロール低下作用など
  • お茶/全発酵茶/紅茶 【主な種類と効能】 正山小種、祁門、ダージリン、セイロンティーなど 集中力を高める、眠気解消、虫歯予防効果など
  • お茶/後発酵茶/黒茶 【主な種類と効能】 プーアール茶など 胃の機能を高め、食滞を解消、動物性脂肪分解作用など
  • 再発酵茶/花茶 【主な種類と効能】 ジャスミン茶、バラ茶など 精神集中、イライラ解消、血行促進など

お茶の成分と健康について

お茶の化学成分は450種類以上あり、現代の生物化学と医学の研究から、お茶に栄養価値や薬理作用のあることが証明されています。そしてそれは、人間の健康と深いかかわりがあると、磯部先生はおっしゃいます。


お茶の主な成分と、その効能をご紹介します。


カテキン…抗酸化作用、血中コレステロール低下、抗菌、虫歯予防、消臭など
フラボノール…毛細血管抵抗性増加、抗酸化作用、血圧低下、消臭など
カフェイン…中枢神経興奮作用、睡眠防止、利尿作用、代謝増進など
ビタミンC…抗壊血病、抗酸化作用、癌予防など
ビタミンE…抗酸化作用、癌予防、免疫反応増強など
フッ素…虫歯予防など
サポニン…抗癌、抗炎症など
亜鉛…味覚異常防止、皮膚炎防止、免疫機能低下抑制など


人間のカラダは、健康な状態のときには弱アルカリ性に保たれていますが、高カロリーの食品を多く摂取すると酸性に傾いてしまいます。体内で酸化が進むと、さまざまな病気やアレルギー、老化が進行してしまいますが、アルカリ性飲料のお茶は、酸性に傾いた体内のペーハー(ph)をアルカリ性に戻してくれる作用があります。これが、抗酸化作用といわれているものです。
また、飲むだけでなく、香りも楽しめるお茶ですから、リフレッシュしたいときにもお茶を飲むことをお薦めします。特に午前中のお茶はリフレッシュ効果が高いといわれています。


お茶のおいしい入れ方、味わい方

次に中国茶、日本茶、紅茶のおいしい入れ方を磯部先生に教えていただきました。
お茶を入れるときの水は硬度30度ほどの軟水が適しているそうです。硬水はお茶の成分、カテキンやカフェインと反応して味を淡白にし、香りを減少させてしまうので避けましょう。

中国茶 お茶の種類による「お湯の温度」と「茶器の種類」がポイントです。
発酵度の高い「黒茶」や「紅茶」 高温のお温で入れます。発酵度が高い、茶壷(チャフー)で入れるのがお薦め。
「緑茶」「青茶」「黄茶」「白茶」お茶に合わせて70℃から100℃のお湯で入れます。香りも楽しめる、蓋碗(ガイワン)で。
見た目が美しい「花茶(工芸茶)」芽が産毛で覆われているので沸騰したお湯を入れます。茶葉の中から花が出てくる動きも楽しめるので、透明なグラスや透明なティーポットで。
中国茶の茶杯の持ち方「三龍護鼎 さんりゅうごてい」茶杯でいただくときには、親指・中指で上部を持ち、薬指で底を支えるように持ちます。色を見て、香りを楽しんで、最後に味わいます。
日本茶 茶葉の持ち味を引き出す「お湯の温度」と「蒸らし時間」がポイントです。
煎茶 約95℃のお湯で、20~30秒蒸らします。 玉露 50~60℃の低温のお湯で、2分~2分30秒ほど、じっくりと時間をかけて入れます。 ほうじ茶・玄米茶 約95℃の高温で、約30秒。香りのよいお茶は高温で香りを立たせます。 急須から湯飲み茶碗に注ぐときには、少量ずつ均等に入れてください。
紅茶 ゴールデンルールといわれる入れ方をご紹介します。
おいしい紅茶をいれるために用意するもの 1.くみたての水 2.沸かしたての湯 3.新しい茶葉 4.人数に合わせた、程よい大きさのティーポット 5.ゆっくりポットのなかで葉を蒸らす時間 全ての紅茶は、茶葉に合わせた量と時間で蒸らします。茶葉が滞留するようなポットに、沸かしたての熱湯を入れて、細かい茶葉は1分~2分、大きい茶葉は5分ほどが蒸らす目安です。濃さが均一になるように、カップに注ぎ入れます。 ※いずれも、お湯の温度や、抽出する時間は目安です。温度や濃さはお好みで調整して、
 お茶を楽しんでください。

飲むだけではない、お茶の楽しみ方と注意ポイント

お茶を飲んだ後に残る茶殻は、そのまま捨てずに乾燥させて、ガーゼなどに包みクッションの中などに入れると、お茶の良い香りがします。その他には靴箱に入れたり、冷蔵庫の中に入れたりすると消臭剤の代わりになります。また、茶殻を植木にまくと肥料の代わりにもなります。


茶殻だけでなく、飲みきれなかったお茶は、コットンやタオルなどに染み込ませて、手やカラダなどを拭くと、すっきりとしてお薦めです。(肌の弱い方はご注意ください。)


なお、お茶を飲むときの注意点としては、代謝の悪い人は、お茶に含まれているカフェインを多く摂取すると水分が体内に溜まり冷えてしまうので、白湯やお水を飲むことをお薦めします。また、茶葉を長時間お湯に漬けたり、濃すぎるお茶もカフェインが多く出てしまうので注意をしてください。

お茶はさまざまな成分が入っているのでカラダによい効果がある一方、3歳以下の幼児、妊娠中や授乳中の方、腎機能や胃腸の弱い方、胃腸の冷えがある方などは飲み方や飲みすぎに注意してください。

「お茶と一言で言ってもさまざまな種類がありますので、体調によって飲むお茶を変えたり、ご自分の好みに合ったものを選んで楽しんでみてください。飲むだけでなく、香りでリフレッシュしたり、季節や気分によって茶器を変えるなど、お茶をいろいろな角度から楽しんでもらえたら嬉しいです。」

磯部優子 「サロン ド シャンティ 香茶苑」主宰

ご主人の転勤で、1994年より北京に3年、東洋と西洋の茶文化が共存する
香港に8年半滞在。
2004年1月紅茶教室「サロン ド シャンティ」をスタート。
同年4月より、香港中国 茶専門店「茶藝楽園」にて、日本人を対象とした中国茶講座の講師を務める。
活動は、中国茶講座・紅茶講座講師、茶会の主催、講演など。
名古屋、東京でも、お茶 のある暮らしを提案、教室定期開催。

◆資格◆ 中国国際茶文化研究会栄誉会員 中国労働和社会保障省認定高級茶藝師 紅茶コーディネ―ター リプトンブルックボンドハウス認定 ティーコーディネ―ター 世界のお茶マイスター  博物館学芸員

オフィシャルホームページ:http://www.sdshanti.jp/

ページトップへ

お電話でのご注文・お問合わせ フリーダイヤル:0120-374-065 受付時間 9:00~21:00 ※年中無休(12/31~1/3を除く)

メールでのお問合わせ
お問合わせフォームへ